4月7日に世界中で広く使用されているデータの暗号化通信技術「OpenSSL」の脆弱性が発覚しました。
これらの問題は”Heartbleed” と呼ばれ、ネット上で通信される個人情報の流出につながるものです。

OpenSSLの脆弱性につきましては、弊社サーバ類の対策はすでに完了済みで、システム上では情報流出の危険性はありません。

株式会社メディカル・プラネット